検索
  • yprogress2020

web情報共有サービス『note』で、利用者のIPアドレス見える不具合発生

更新日:2020年8月18日


note株式会社は8月14日、コンテンツ配信サービス「note」において、記事投稿者が直近でログインしたIPアドレスが記事詳細ページのソースコードから確認できる不具合が発生していたことが確認された


8月14日に当該不具合が確認されており、同日中にサービスの全アクセスの停止および修正が行われました。 なお、被害の対象となるのはnoteサービス内で2記事以上の投稿を行った利用者で、最終ログイン時のIPアドレスが記事詳細ページのソースコードより確認できる状態だったと確認されております。

note社は、現在再発防止策を検討中とのことで、確定次第web上で公表するとしております。

noteで表示された投稿者のIPアドレスを他の掲示板サイトなどの投稿に表示されるIPアドレスと紐付け、SNS上で公開する動きもあり騒動となっている。




#情報漏洩 #サイバーセキュリティ #インシデント

閲覧数:1回0件のコメント